スコアボードは特大サイズの情報ボード

プロ野球の野球場のバックスクリーンには大型のスコアボードが設置され、試合の途中経過や結果、選手の打順などが示されます。最近ではスコアボードの両端に特大サイズのビジョンをも設置して、試合に関する情報だけでなく、スターティングラインアップを顔写真入りで紹介したり、プレーのスロー再生をしたりするなど、試合を通していろいろな用途で利用されています。

試合を盛り上げるさまざまな演出

スコアボードにLEDが使われるようになってから、さまざまな演出効果が可能になりました。ホームランが出た時やピッチャーが三振を取った時、7回のラッキー7の攻撃時にはそれぞれ工夫を凝らしたアニメーションが流れ、試合を盛り上げます。福岡ソフトバンクホークスの本拠地である福岡ヤフードームには、世界最大級の「新ホークスビジョン」と呼ばれる5面構成の超大型ビジョンが設置されており、中日ドラゴンズの本拠地・ナゴヤドームに設置されている横幅106.56mの「106ビジョン」は、セ・リーグ本拠地としては最大サイズです。

多彩な情報内容を提供

スコアボードは観客席への情報ボードとして、試合のスコアと選手のオーダー、審判名、カウント、時刻が表示される程度ですが、最近は情報内容も充実し、ピッチャーの球速や投球数、バッターの打率やホームラン数などさまざまなデータも表示、他球場の経過や結果、翌日の先発予告なども伝え、野球観戦をより面白くしています。2018年からはルール変更で、監督のリクエストによるリプレー検証も可能になりました。その再生画像をこうした大型ビジョンで映し出すこともできます。その他にチケット販売の予定や企業広告はもちろん、延長戦などで深夜近くにまで試合が長引くと最寄り駅の電車の時刻を表示する場合もあります。

音楽コンサートではライブ感を伝える

野球場は収容人数が大きいことから、音楽コンサートや各種イベントに多く利用されます。特にドーム球場は天候を気にせずに開催できるため、コンサート会場としての利用も目立ちます。音楽コンサートでは、フィールドに設けられたステージと観客席が離れているため、ビッグサイズのビジョンを使ってアーチストのパフォーマンスや表情を映し出すことによって、音響とともにライブ感を演出します。

スコアボードの役割は多種多様

今やスコアボードは野球の試合だけでなく、さまざまな情報を伝える情報ボードとなっています。さらに動画やアニメーションを流す特大サイズのビジョンが増設され、マルチスクリーンとして情報の伝え方も多彩になっています。今後も情報内容や伝達方法はさらに充実し、野球場を訪れたファンを楽しませてくれることでしょう。

 

Osamu MOTOMURAさん(@osm_moto)がシェアした投稿

キャンプ用テントの正しいサイズ選び

自然の中で友達や家族で楽しく過ごすキャンプは、アウトドアレジャーの中でも高い人気があります。テントを広げてみんなで同じスペースで過ごすのは良い思い出にもなります。またスポーツ合宿で、テントで寝泊まりすることもあります。レジャーでもスポーツクラブの合宿でも、テントを正しいサイズのものを選ばなくてはなりません。意外と失敗するケースもあるので、初心者向けのテント選びの知識をご紹介しましょう。

テントの大きさは利用人数−1人が目安

市販されているテントには「○〜○人用」と記載されているものがあります。この利用人数をそのまま鵜呑みにすると、寝るための充分なスペースがない場合があります。キャンプにはリュックにいろんなものを詰め込むので、荷物のスペースが必要です。また荷物が少なくても利用人数そのままで寝る場合はかなり窮屈になるので、記載の利用人数から1人を引いた数がゆったり寝られる人数の目安と考えましょう。4人で寝るのであれば「4〜5人用」または「4〜6人用」を選ぶようにします。

テントのサイズから使用人数を割り出す

テントにサイズしか記載されていない場合は。そのサイズから利用人数を計算します。大人1人が快適に寝る時のスペースは210cm×65cmだと言われます。身長や体格は個人差があるのですべて当てはまるわけではありませんが、平均的な身長や体格であれば十分なゆとりがあります。4人であれば210cm×260cmが寝るためのスペースと計算できるので、270cm×270cmのテントであれば荷物スペースを入れてちょうどぴったりの大きさとなります。

初心者に無難なテントのタイプ

キャンプ用品専門店に行くと、いろいろなタイプのテントが並んでいます。初めてテントを買う人は、どのタイプを買えば良いか戸惑うと思いますが、ドーム型テントやダブルウォールテントあたりが無難です。設営時間も短く、それなりに快適性も備えています。ただし初心者の設営は意外と時間がかかるものですので、行く前に自宅や近くの公園などで練習しておくと良いでしょう。

テント選びのポイントは3つ

テントで寝ることはキャンプの醍醐味の一つでもあります。それだけにテント選びはしっかり吟味したいもの。初めてテントを買う時に心がけておきたい3つのポイントがあります。1つ目は有名メーカーで手頃な価格のものを選ぶこと。キャンプ用品の定番ブランドであれば問題はありませんが、同じメーカーでも価格差がかなりあります。ショップの人に尋ねて最適なものを選んでもらいましょう。2つ目は広さです。テントで寝る人数や年齢、荷物の量を考えて選ぶようにします。3つ目は耐水圧。耐水圧が悪いと雨が降ってきた時にテント内に浸水することもあります。1,500mmを基準と考え、それ以上のものを選ぶようにしましょう。スポーツクラブの合宿なら、きっとプレーもされることでしょう。パフォーマンスが上げるために、準備は万全に整えておきたいものですね。

 

Tetsufumi Yanoさん(@yanotrulli)がシェアした投稿

アンダーウェア選びはサイズと目的がポイント

スポーツ用アンダーウェアは、文字通りユニフォームやスポーツウェアを下に着る衣類ですが、さまざまな機能を持っていることから、アスリートだけでなく日常でスポーツを楽しむ人でも身に付けるようになってきています。アンダーウェアは、体にピタッと貼り付くように着るのでサイズ選びは大切なポイント。大きかったり小さかったりすると持っている機能を発揮できないこともありますので、自分の体にフィットするものを選ぶのが先決です。またアンダーウェアによって持っている機能もさまざまなので、目的に合った機能性のものを選ぶようにします。

さまざまな機能を持ったアンダーウェア

スポーツの種目によって着用するアンダーウェアの機能はそれぞれ違います。野球やサッカー、ラグビーなど汗を多くかく競技には吸汗性や速乾性のものが多く、汗が皮膚に貼り付くことを抑えます。スパッツなどはぴったりフィットしているので、疲労回復やケガの防止にも効果的です。反対にスキーやスケートなどウインタースポーツでのアンダーウェアでは、保温性が求められます。内部が起毛しているものやハイネックになっているものなどさまざまな種類があります。

求める機能、目的に合わせて選ぶことが大切

スポーツの種目に合わせたものを選ぶのが無難ですが、さらに自分でどのような機能を求めるかをはっきりしておくこと。吸汗性を求めているのに保温性のあるアンダーウェアを選んでしまったということがないようにしたいものです。そして自分のサイズに合っているかも重要です。サイズが合わないとイメージ通りのパフォーマンスができなかったり、思い切ったプレーができなかったりすることがあります。動きを軽くして筋肉の疲労を抑制したい人には、体に軽い圧を加えるコンプレッションウェアがおすすめです。

仕事や日常生活にも効果的

一般的な下着と違っていろいろな機能を持つスポーツ用アンダーウェア。スポーツに限らず仕事や暮らしの中でもその機能は十分に発揮します。体を動かす仕事や屋外での作業が多い仕事は汗をよくかきますので、吸汗性、速乾性に優れたアンダーウェアが最適。しかも汗による体臭を抑える効果も期待できます。ジムやエアロビ、ヨガなど日常のリラクゼーションにも用意しておきましょう。コンプレッションウェアならやや体を締め付ける感じになるので、体が軽くなって動作もよりスムーズに。特に汗をかきやすい夏季はぜひ身に付けたいですね。

 

ぱんだ♡さん(@frafrapanda)がシェアした投稿