バランスボールでサイズダウンを目指そう

お腹がぽっこりと目立つようになったら、それはメタボに向かう合図です。しかし仕事や家庭が忙しくて運動不足を解消できない人も多いはず。家庭で手軽にシェイプアップをはかりたいならバランスボールがおすすめです。ジムなどに置いてあるバランスボールは、いろいろなトレーニングができる筋トレのアイテムとして広く普及しています。上手に活用すればボディーもシェイプアップし、普段着のサイズダウンも可能です。手頃な運動として早速始めてみませんか。

バランスボールはインナーマッスルの強化に効果的

バランスボールはただボールの上に座るだけでも効果があると言われています。座っているだけでもその姿勢を保とうという力が働き、ダイエット効果が得られるというわけです。これは体の奥にあるインナーマッスルを強化できるためで、腹筋や背筋などの表面の筋肉を鍛えるより代謝が促進され、脂肪の燃焼効果が上がることからダイエットに有効とされています。

インナーマッスル強化による相乗効果

インナーマッスルを強化することは、代謝を促進させるだけでなく、バランスのとれた筋力アップにも効き目があるとされています。腰痛や肩こりなど体の歪みから来る痛みは、全体的なバランスが崩れていることにも由来しているため、インナーマッスルを鍛えることでこうした痛みも解消できる可能性もあります。

他のことをしながらでもできる簡単シェイプアップ法

バランスボールは、座るだけでシェイプアップできるため、忙しい人にも最適です。バランスボールに座りながら読書をしたり、テレビを見たり、仕事をしたりなど時間を有効活用できます。

バランスボールの最適サイズは身長で選ぶ

バランスボールにはいくつかのサイズがあります。どれを選ぶかは、まず自分の身長を測ることが先決です。150〜165cmの身長の人は直径55cmくらい、165〜185cmの身長の人は65cmくらいのサイズが適しています。選ぶ基準としては座った時に膝の角度が90度になるようになるものが目安です。 座るだけでなく、腰に重心を置いてボールの上に寝てみたり、うつ伏せになってバランスをとったりなどバランスボールを使ったシェイプアップ法はさまざまです。自分にとってどれが効果的なのか、どの部分を凹ませたいかを考えて、バランスボールに向き合いましょう。継続的に行なうことで、目標とするサイズも夢ではなくなります。

 

Yuka Ishiiさん(@yukap111)がシェアした投稿