インポート製品を買う時はサイズ表記に注意

スポーツウェアや一般的なカジュアルウェアには国内だけでなくインポートブランドも多く流通しています。スポーツの種目によっては海外メーカーのほうが得意としているものもあり、ファッション的にもおしゃれなものも多く見られます。しかしインポート製品を買う時にサイズが気になったり、戸惑ったりすることも少なくありません。試着できるものは大きさがある程度比較できますが、アンダーウェアなど試着できないものもいくつかあります。そこでインポート製品と国内製品のサイズの対応をご紹介しますので、購入の際にお役立てください。

単位が違うインポート製品

インポート製品では、ほとんど本国のサイズを表記することが多く、まずどの国のものがどのようなサイズを表記しているかを知っておくようにします。例えばメンズウェアについては、日本はS・M・Lと許容範囲が広いサイズ表記となりますが、イタリアやイギリスでは2桁の数字で表記されています。 日本のS サイズ→ イギリス34あるいは36、イタリア44あるいは46 というように国によっても表記が異なります。これがメンズシャツになるとサイズ表記がまた違ってきます。日本、フランス、イタリアでは36、37というように数字が一つずつ上がりますが、アメリカやイギリスの場合は14、14-1/2、15というように1/2ずつ上がっていくのです。こうしたサイズ表記を知らないと、すぐに着られないので購入前にチェックするようにしましょう。

本格的スポーツには不向きとする考えも

また、シューズや靴では日本のサイズ表示は「cm 」ですが、インポート製品では「inch」を用いることが多いようです。国によってはメートル法を採用していないところもあり、inch表示ですと頭を悩ませることになります。この場合は1 inch = 約2.54cmと覚えておいて、その場で計算するようにします。

同じサイズ表記でもインポート製品はやや大きめ

インポート製品の中にも日本と同じS・M・Lで表記されたものもあります。国内製品ではSサイズを着ている小柄な人が、同じSサイズのインポート製品を着てもやや大きめとなり、ものによっては国内製品のMサイズと同等のものも。外国人は日本人より体格が良く、S・M・Lも本国の基準にしてあります。

インポート製品は実際に試着するのが一番

一口にインポート製品と言ってもさまざまなものがあります。同じ国でもブランドやメーカーによってサイズ表記が違うこともあり、お気に入りの一着を見つけたら、まず試着してみることです。フィットしたサイズで着こなすか、大きくゆったりとしたコーディネートを目指すか。複数のサイズを揃えていろいろ使い分けをする手もあります。

 

おぴぃさん(@itttttttttttttttttttttt)がシェアした投稿