シューズ・スパイク選びはサイズだけじゃない

スポーツシューズやスパイクを選ぶ時、サイズだけで判断していませんか?ほとんどのスポーツは足を使うため、シューズやスパイクはプレーを左右する重要なアイテムです。しかしシューズやスパイクを選ぶ時にサイズだけで判断している人が多いようです。実際に履いて履き心地を試している人もいますが、もう少しストイックにシューズ・スパイクを選んでみましょう。

足の長さだけでなく幅や甲高も確認する

人にはそれぞれ足の形があります。同じ長さでも扁平足だったり、甲が高かったりと千差万別です。そのためサイズだけでシューズやスパイクを決めてしまうのは大きな間違いです。足の幅、甲高もチェックして自分の足の形を知ることも大切です。自分が求めるフィット感を試すには実際に試し履きをするしかありません。爪先、かかと、足の裏、甲が違和感なく履けていればOK。一つでも気になる点があれば別のシューズを試してみましょう。また靴紐の長さにも注意を向け、縛って適度な長さに収まれば問題はありません。

シューズ・スパイクを選ぶ時は夕方にする

人間の体は朝と夕方で大きさが違うと言われています。足の場合、朝より夕方のほうが5〜10mm大きくなるとされています。これは体重が足にかかって足の裏が広がることと、血液が下に下りてうっ血するためです。こうしたことからシューズやスパイクを選ぶ時は、大きくなった午後が良いことになります。午前の足で選ぶと夕方にはどうしても窮屈になってしまい、フィット感を損なってしまいます。シューズ・スパイク選びは必ず夕方にするようにしましょう。

 

yumiさん(@yumisum)がシェアした投稿

履き心地は片足で立っても確かめる

日常生活では片足で立つことはあまりありませんが、スポーツの場合は飛んだり跳ねたりすることも多く、片足に全体重が乗ることも珍しくありません。両足立ちより片足立ちのほうが足の裏の設置面積が広がります。さらに跳躍となると瞬間的でありながらもより大きな負荷がかかります。こうしたことを考えて試し履きの時は片足で立っても異常がないかを確認しておくと安全です。

細かいチェックが最適なものを見つける近道

シューズやスパイクのサイズは、あくまで目安に過ぎません。試し履きをしながら細かいチェックをすることで、最適な一足を見つけましょう。違和感なく最適なものを見つければ充分なパフォーマンスを発揮できるばかりか、足への負担も軽減され、ケガのリスクも少なくなります。