アンダーウェア選びはサイズと目的がポイント

スポーツ用アンダーウェアは、文字通りユニフォームやスポーツウェアを下に着る衣類ですが、さまざまな機能を持っていることから、アスリートだけでなく日常でスポーツを楽しむ人でも身に付けるようになってきています。アンダーウェアは、体にピタッと貼り付くように着るのでサイズ選びは大切なポイント。大きかったり小さかったりすると持っている機能を発揮できないこともありますので、自分の体にフィットするものを選ぶのが先決です。またアンダーウェアによって持っている機能もさまざまなので、目的に合った機能性のものを選ぶようにします。

さまざまな機能を持ったアンダーウェア

スポーツの種目によって着用するアンダーウェアの機能はそれぞれ違います。野球やサッカー、ラグビーなど汗を多くかく競技には吸汗性や速乾性のものが多く、汗が皮膚に貼り付くことを抑えます。スパッツなどはぴったりフィットしているので、疲労回復やケガの防止にも効果的です。反対にスキーやスケートなどウインタースポーツでのアンダーウェアでは、保温性が求められます。内部が起毛しているものやハイネックになっているものなどさまざまな種類があります。

求める機能、目的に合わせて選ぶことが大切

スポーツの種目に合わせたものを選ぶのが無難ですが、さらに自分でどのような機能を求めるかをはっきりしておくこと。吸汗性を求めているのに保温性のあるアンダーウェアを選んでしまったということがないようにしたいものです。そして自分のサイズに合っているかも重要です。サイズが合わないとイメージ通りのパフォーマンスができなかったり、思い切ったプレーができなかったりすることがあります。動きを軽くして筋肉の疲労を抑制したい人には、体に軽い圧を加えるコンプレッションウェアがおすすめです。

仕事や日常生活にも効果的

一般的な下着と違っていろいろな機能を持つスポーツ用アンダーウェア。スポーツに限らず仕事や暮らしの中でもその機能は十分に発揮します。体を動かす仕事や屋外での作業が多い仕事は汗をよくかきますので、吸汗性、速乾性に優れたアンダーウェアが最適。しかも汗による体臭を抑える効果も期待できます。ジムやエアロビ、ヨガなど日常のリラクゼーションにも用意しておきましょう。コンプレッションウェアならやや体を締め付ける感じになるので、体が軽くなって動作もよりスムーズに。特に汗をかきやすい夏季はぜひ身に付けたいですね。

 

ぱんだ♡さん(@frafrapanda)がシェアした投稿